Yahoo!もSSL暗号化を開始します(;´Д`)

休み明けに一気に作業の依頼が来て、あたふたヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノしている、ぜっきーです。

 

Google Analyticsでキーワードを調べていた方は良くご存じだと思いますが2013年の秋くらいから一気にGoogleで検索して来た人のキーワードが「not provided」と表示されるようになり、今では完全にGoogleから来た人のキーワードはGoogle Analyticsでは調べられなくなりました。( Search Consoleでざっくりとは見ることが出来ますが)

(not provided)とは
検索キーワードが不明の場合に表示される。
ユーザーがGoogleでSSL検索したことでリファラーが変わってしまい、そのリファラーにキーワード情報が含まれていない為に、キーワード情報が提供されていないと判断されてしまう。

つまり、Googleの検索ページをSSL化したことにより、どういったキーワードで検索して自分のサイトに来たのかという情報が提供されなくなったのです。

 

これって、リスティング広告とかガッツリやっている人にとって厳しいですよね。

SEO対策は業者に任せていても、どんなキーワードで来ているかを見てみたいっていう人も多いと思います。何となく面白いですもんね。

 

「え~こんなキーワードで検索して、うちのサイトに来てるの??(゚д゚)!」とか(笑)

 

今まではYahooを使って検索した人のキーワードはGoogle Analyticsで見ることが出来ましたが、これから出来なくなりそうです。゚(゚´Д`゚)゚。

Googleは Search Consoleがありますが、Yahooは完全に判らなくなるんでしょうかね?

 

SEO対策をしている身としては、マジで厳しい決定なのですが、私がYahooに文句を言ったところで、何の影響も無く、ガン無視されると思いますので、泣き寝入りします。

The following two tabs change content below.
横関雅彦(ぜっきー)

横関雅彦(ぜっきー)

尼崎ホームページ制作センターで主にSEO対策を担当。千葉県出身で大学は東京で過ごし、1994年に東京で就職したところ、いきなり関西勤務となり、以降のサラリーマン生活を関西で過ごし、尼崎で独立し、現在に至る。関西生活20年以上になり、自分以外の家族は全員関西弁ネイティブにも関わらず関西弁は話せず。 尼崎市、西宮市のお客様を中心にホームページによる集客のための対策を担当する。